Yamaha reface DX
世界的な大ヒットシンセサイザー「DX7」に代表されるFM音源を搭載したシンセサイザーです。
各オペレーターがフィードバックを持つなど、進化したFM音源を搭載し、これまでのFM音源より音作りの幅が大きく広がりました。
4本のタッチ式データーエントリーセクションをタッチ、フリック操作することで感覚的に音色エディットが可能。
さらに2系統のエフェクターを搭載し、まさに現代のDXと言えるシンセサイザーです。
『reface』シリーズの特長
・出音にこだわったプロフェッショナル・ハイグレード音源
『reface』シリーズは、DX、CS、CP、YCと歴代のヤマハシンセサイザー、
ステージピアノのシリーズ名を冠し、それぞれ特色ある音源を備えるシンセサイザーです。
プロフェッショナルシンセサイザーと同等の出力回路を搭載し、
プロフェッショナルモデルとして出音がチューニングされています。

・「弾いていて飽きない鍵盤」を目指し、新たに開発したコンパクト鍵盤『HQ Mini』
『reface』シリーズのハイグレードな音源を最大限に生かせるコンパクト鍵盤『HQ Mini』を開発しました。
『HQ mini』はフラッグシップシンセサイザー「MOTIF XFシリーズ」に搭載されたFSX鍵盤のフィーリングを継承し、
音の細やかな強弱をタッチで表現できる鍵盤です。またこの鍵盤は、鍵盤の根元でも演奏できる構造のため、
コンパクトなサイズながら優れた演奏性を実現しています。

・外装やノブ、スライダーなどハイグレードな質感
『reface』シリーズ 4モデルは「ハイグレード・コンパクト」というコンセプトに沿って、
それぞれのオリジナルのデザインをモチーフに新たにデザインしたものです。
ボディー表面の仕上げ、ノブを回す際の操作感、スライダーの重みなど外装から操作子、
そして操作感に至るまで「質感」に関わる部分をブラッシュアップするため、
数多くの試作機を作り、評価会でのヒアリングを重ね、そこで得た意見を反映させることで、
コンパクトながら存在感のある質感に仕上げました。

・内蔵スピーカーと電池駆動対応により「いつでもどこでも」を実現
『reface』シリーズは4モデルとも、2W×2のスピーカーを内蔵しており
ヘッドフォンやモニタースピーカーがなくても演奏を楽しめます。
鍵盤左右のスペースにバスレフを埋め込むことで、
コンパクトなサイズながら豊かな低音感を実現しました。
また、電池駆動にも対応しているため場所を選ばずに演奏を楽しめます。
Specification
鍵盤数:37鍵
鍵盤種:HQ Mini
イニシャルタッチ:○
DC IN:DC IN(12V)端子
ヘッドフォン:PHONES(ステレオ標準フォーンジャック)
OUTPUT:OUTPUT L/MONO、R(標準フォーンジャック)
AUX IN:AUX IN(ステレオミニジャック)
USB TO HOST:USB(TO HOST)
MIDI:MIDI(ミニDIN IN/OUT)
アンプ出力:2W×2
スピーカー:3cm×2
電源アダプター:PA-130B(またはヤマハ推奨の同等品)
電池:単3乾電池×6(別売):充電式ニッケル水素電池対応
消費電力:6W(電源アダプター PA-130B使用時)
電池寿命:約5時間(アルカリ電池使用時)
オートパワーオフ:○
幅×奥行き×高さ:530(W)×175(D)×60(H)mm
質量(本体のみ):1.9kg
付属品:電源アダプター、MIDI変換ケーブル、取扱説明書、保証書
ログアウト
メニュー

【保存版】 Yamaha reface DX [SREFACEDX] 《シンセサイザー》:昭和32年創業の老舗 クロサワ楽器

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

【保存版】 Yamaha reface DX [SREFACEDX] 《シンセサイザー》:昭和32年創業の老舗 クロサワ楽器

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報