超低損失極太導体の採用と徹底したインピーダンス管理が、さらに、低ジッターで高S/Nな音と映像を達成。

HPHDMI_terminal最新最上位のデジタルビデオ伝送のためのHDMI 1.4コンプライアンス・テストスペックをクリア。ハイスピード・カテゴリー準拠の10.2Gbps(GigaBit/sec)を軽々と上回る超高速高伝送能力によって、1080p/60HzのHDビデオは言うに及ばす、48ビット拡張の“Deep Color”カラー・ダイナミックレンジや、ハイビジョンTVの1.8倍という幅広い色再現を叶える“xvYCC”色空間表現、さらには4K x 2K解像度や3Dビデオなど、次世代の情報伝達再現性能を極限にまで高めています。

勿論、ロスレス圧縮デジタルオーディオ(Dolby TrueHD や DTS-HD Master Audio)に対する完璧なサポートも高品位HDオーディオ再生を圧倒的に向上させます。

HDMI 1.4のケーブル規格には5通りがあります。標準伝送スピードの「Standard」タイプ、高速伝送スピードの「High Speed」タイプのそれぞれに“Ethernet/オーディオリターン”の有るものと無いもの、そして車向けです。HPHDMIは、クロストークによる映像と音声の劣化を避けるためEthernet/オーディオリターンを外した「High Speed HDMI 1.4」に準じています。

カスタムデザインの金メッキ接点と堅牢なハウジングによる高品位HDMIコネクターの採用で低抵抗で確実なジョイントを実現

導体には一般的なHDMIケーブルに比べて導体表面積が格段に大きく、しかもPHDMIよりもさらに一回り大きなAWG24の極厚銀メッキコート・ソリッドコアOFCを登用。超広帯域幅でロスのない高信号伝送能力を実現するとともに、<PHDMI>の最大長の二倍以上、15mまでのケーブル長にも対応します(※注)

トランスペアレントの優れたターミネーション加工技術によってディジタル信号精度を極限にまで追及。ここでも<HPHDMI>は他と一線を画します。インピーダンスのわずかなミスマッチングは、ジッター増やS/Nの悪化を招き、伝送信号の品位に大きく影響を与えます。組み立て工程を経たケーブルはテストベンチでそのインピーダンス特性が細かくチェックされます。そこでもし、厳格な規定範囲に逸脱した場合は、再び工程に戻され、徹底修正されるのです。格段のダイナミックとコントラストのきめ細かな再現力が、音と映像により深く豊かな表情を与えます。

100%カバーのフォイルシールドと90%カバーの銅網シールドの二重シールドにより、極めて高いシールド能力を実現。外部からの侵入ノイズを劇的にブロックし高S/Nのディジタルオーディオ/ビデオ再生を達成

極力太さを抑えたケーブルサイズによって配線の柔軟性が向上

標準長0.5mから1m・2mなど6mまでのケーブル長に対応

メーカー(代理店)からのお取り寄せ商品となりますが、お客様の元へ欲しい商品をお手配いたします。納期確認は、お気軽にお問い合わせ下さい。受注、納品については最短時間を心がけております。商品によってはメーカー(代理店)にて品切れの場合もありますが、その場合は次回入荷迄お待ちいただく事になります。入荷時期はメーカー(代理店)入荷予定日に準じますので予めご了承下さい。オーディオユニオンが出品している新品の商品は正規品未開封のものです。展示機の場合はその都度表記しておりますのでご安心下さい。商品画像はシリーズの代表画像を掲載する場合がございます。必ずしも商品名と一致しない場合がございます。ご迷惑をおかけしますが予めご了承下さい。30万円以上の商品、お買い物合計金額が2万円以下の場合は代金引換のご利用は頂けません。また、海外発送は行っておりません。消耗品や故障についてもお気軽にお問い合わせ下さい。
ログアウト
メニュー

最も優遇 TRANSPARENT HIGH PERFORMANCE HDMI High Speed HDMI 1.4準拠 HPHDMI 20 (6m) トランスペアレント HDMIケーブル

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

最も優遇 TRANSPARENT HIGH PERFORMANCE HDMI High Speed HDMI 1.4準拠 HPHDMI 20 (6m) トランスペアレント HDMIケーブル

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報