Make Noise Pressure Points (プレッシャー・ポイント) は4つのタッチプレートへ指を触れる事でCVとGate信号を出力し、ユーロラック・モジュラーシステムをリアルタイムに演奏する事ができる、コントローラー・モジュールです。

1つのタッチプレートにつき、ゲート信号、タッチプレートを押す強さ(面積)によって変化するプレッシャー信号、そしてノブにより設定できる3つのチューンド信号、合計5系統のコントロール信号を同時に出力する事ができます。

チューンド信号はオシレーターを3つ用意して、それぞれのピッチCV入力へ接続して和音を鳴らしたり、その他様々なCV入力へ接続する事でセッティングを一瞬で切り替える事ができる、いわゆるプリセットとして使用する事もできます。

別売りのPressure Points用の機能拡張モジュールMake Noise Brainsと接続する事で、ステップ・シーケンサーとして使用する事もできます。

サイズ:20HP
Max Depth:24mm
消費電流 +12V:20mA/-12V:0mA

コチラの商品はお取り寄せ商品となります。
店頭での展示はございません。
入荷時期によって商品の外観・仕様が変更になる場合もございます。
代理店に在庫がない場合、入荷までに1~3ヶ月お時間をいただく場合がございますことをご了承ください。

 
ログアウト
メニュー

【お1人様1点限り】 Make Noise/Pressure Points【お取り寄せ商品】

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

【お1人様1点限り】 Make Noise/Pressure Points【お取り寄せ商品】

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報