基本情報
ジャンルクラシックフォーマットCD
レーベルDg発売日2018年08月17日
商品番号4835183発売国Europe
組み枚数60その他限定盤

関連キーワード
value 0028948351831 【FS_708-2】




商品説明

アバドとベルリン・フィルがDGに遺したすべての録音が60枚組ボックスに集結

限定盤。ヘルベルト・フォン・カラヤンの死後、その後任としてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督に就任したクラウディオ・アバドはこの楽団に活気を再び取り戻させ、レパートリーを広げ、楽団員からの積極的な関わりとコミュニケーションを引き出して独裁的な雰囲気を払拭したことにより、長く歴史に残る素晴らしい演奏と録音を生み出しました。アバドがベルリン・フィルに在籍していた期間は、この楽団の歴史における輝かしい時期に属し、その録音の多くが最高の評価を得ています。
 ベートーヴェンとブラームスの全交響曲のツィクルスが含まれています。マルタ・アルゲリッチ、ブリン・ターフェル、マウリツィオ・ポリーニ、エフゲニー・キーシン、ロベルト・アラーニャ、クリスティーネ・シェーファー、アルフレート・ブレンデル、ヴィクトリア・ムローヴァ、ギル・シャハム、ルネ・フレミングといった一流アーティストとの共演も多数収録。(輸入元情報)

ベートーヴェン:交響曲全集につきまして、交響曲第1番~第8番は2001年ローマ・ライヴのみの収録になっていますが、レーベルによりますと、生前アバドが1999年~2000年録音に完全には満足しておらず、リリースの数年後に2001年ローマ・ライヴに差し替えて欲しいという意向があったためだそうです。予めご了承下さい。

【収録情報】
Disc1
ベートーヴェン:
● 交響曲第1番、第3番『英雄』

Disc2
● 交響曲第2番、第4番

Disc3
● 交響曲第5番『運命』、第6番『田園』

Disc4
● 交響曲第7番、第8番

Disc5
● 交響曲第9番『合唱』

 録音:2001年、ローマ(ライヴ:Disc1-4)、2000年、ベルリン(Disc5)

Disc6
● ピアノ協奏曲第1番、第2番

Disc7
● ピアノ協奏曲第3番、第4番

Disc8
● ピアノ協奏曲第5番『皇帝』

 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
 録音:1992年(Disc6-7)、1993年(Disc8)、ベルリン(ライヴ)

Disc9
『ニューイヤー・イヴ・コンサート1991』
1. 劇音楽『エグモント』のための音楽より
2. アリア「ああ、不実な人よ」Op.65
3. 序曲『レオノーレ』第3番
4. 合唱幻想曲

 シェリル・ステューダー(ソプラノ:1,2,4)
 エフゲニー・キーシン(ピアノ:4)
 録音:1991年、ベルリン(ライヴ)

Disc10
1. 序曲『献堂式』
2. 祝典劇『献堂式』のための音楽
3. 舞台劇『レオノーレ・プロハスカ』のための音楽
4. 劇音楽『エグモント』のための音楽より

 シルヴィア・マクネアー(ソプラノ:2,3)
 ブリン・ターフェル(バリトン:2)
 シェリル・ステューダー(ソプラノ:4)
 録音:1994年(1-3)、1993年(4)、ベルリン

Disc11
ブラームス:
1. 交響曲第1番
2. 運命の女神たちの歌

 ベルリン放送合唱団(2)
 録音:1990年、ベルリン

Disc12
1. アルト・ラプソディ
2. 交響曲第2番

 マルヤナ・リポヴシェク(アルト:1)
 録音:1988年、ベルリン

Disc13
1. 悲劇的序曲
2. 運命の歌
3. 交響曲第3番

 エルンスト・ゼンフ合唱団(2)
 録音:1989年、ベルリン

Disc14
1. ハイドンの主題による変奏曲
2. 悲歌
3. 交響曲第4番

 録音:1990年(1,2)、1991年(3)、ベル
その他のバージョン
  • CD    EUR 盤

メニュー

新着商品 クラウディオ・アバド&ベルリン・フィル~ドイツ・グラモフォン録音全集(60CD) 輸入盤 【CD】

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

新着商品 クラウディオ・アバド&ベルリン・フィル~ドイツ・グラモフォン録音全集(60CD) 輸入盤 【CD】

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報