Francois Chanotがデザインし、George Chanot(もしくはJean-Baptiste Vuillaume)が1819年に製作したとされる傑作のモデルです。 ギターのような形状をしています。本物はアメリカのthe National Music Museumが所蔵しています。



スクロールが上ではなく下に折れている(逆スクロール) のと長いF字孔が特徴的です。現在見かけるChanotモデルのバイオリンは大変高価なうえ、通常のスクロールが多いように見受けられます。なのでオリジナルの特徴がそがれていると思います。このバイオリンは本物を忠実に再現したものです。



製作者: (北京) 2018年製作



ハンドメイド、100% ハンドつや出し
表板は厳選したスプルースを使用。自然乾燥。(12年以上)
裏板は厳選されたメープル材を使用。自然乾燥(12年以上)
バイオリンケース、弓もついています。















バイオリンは一体一体手作りなので、似ているかもしれませんが、商品番号の違う商品の画像はそれぞれ異なります。大量生産の品では味わえない、手作り、ONLY ONEのよさをご堪能下さいませ。

ログアウト
メニュー

新発売の 傑作 the Chanot Violin 1819モデル・バイオリン 4/4 (瓢箪ボディ、逆スクロール):バイオリンJP

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

新発売の 傑作 the Chanot Violin 1819モデル・バイオリン 4/4 (瓢箪ボディ、逆スクロール):バイオリンJP

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報