StarTech.com製品SFP100BBXDSTとペアで使用するMSA準拠アップストリームSFPモジュール。 100BASE-BX対応のMSA準拠スイッチやルーターでの使用を前提に、設計/プログラミング/検証が行われた製品です。 光ファイバケーブルで最大で10kmの距離に対応し、安定した1GbE接続を提供します。 <技術仕様> 波長/1310nmTx/1550nmRx、最大データ転送レート/155Mbps、タイプ/シングルモード光ファイバ、接続タイプ/LC接続、最大転送距離/10km、電力消費/1W以下、DDM/対応。ホットスワップに対応し、ネットワークの中断を最小限に留めながら、シームレスなアップグレードと交換が可能なSFPモジュールです。 StarTech.com製のSFPおよびSFP+光トランシーバには、すべて全使用期間保証と無期限無料技術サポート(多言語に対応)が付いています。
メニュー

【日本産】 Startech SFPモジュール 100BASE-BXアップストリーム 100Mbps 10km MSA準拠光トランシーバ

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

【日本産】 Startech SFPモジュール 100BASE-BXアップストリーム 100Mbps 10km MSA準拠光トランシーバ

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報