コンピュータのPCI Expressを介し、次世代フォームファクタのM.2 SSD(x2)とSATAポート(x2)を追加【スターテック.com】

M.2ソリッドステート ドライブ(SSD)+ SATA 3.0 ドライブx2 を追加し、データ回復の実行とストレージ容量の増強。高性能ハードウエアRAIDアレイによるデータの保護とバックアップ、またはストレージの拡張。RAID 0、1、10、(1+0)をサポート。M.2 NGFFドライブ各種(22110、2280、2260、2242、2230)およびハイブリッド ドライブに対応し、幅広い実装互換性を提供。ポートマルチプライヤにより、2台のM.2ドライブを含む合計7台のドライブを接続可能。調整可能なスタンド
ログアウト
メニュー

【コンビニ受取対応商品】 StarTech.com 2スロットPCIe M.2 RAIDコントローラカード PEXM2SAT3422 目安在庫=△【10P03Dec16】

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

【コンビニ受取対応商品】 StarTech.com 2スロットPCIe M.2 RAIDコントローラカード PEXM2SAT3422 目安在庫=△【10P03Dec16】

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報