【返品種別A】
□「返品種別」について詳しくは□

メーカー保証期間 6ヶ月


◆銀と銅を組み合わせた、独自の合金導体を採用。音楽的表現力が更に進化
従来モデルであるSignalでは、一般的な「銀メッキ銅導体」の代わりに、銀と銅を特別な配合比率により混ぜ合わせ作り出した独自の「合金導体」を採用するなど、これまでのケーブルデザインとは異なる新しい発想にチャレンジしました。
Signal MKIIでは、従来モデル「Signal」に採用した導体素材よりもさらにハイクオリティな導体素材へとアップグレードし、音響特性を改善。
そして数百の髪の毛ほどの太さのスレッドを巧みに加工し、ケーブルの柔軟性も大幅に向上しています。
今回の開発において、導体のスレッド数を犠牲にすることなくこの様な成果が得られたことは、非常に大きな進歩であり、第二世代と呼ぶに相応しいアップグレードケーブルとなりました。

◆強みであったアタック感のある低域は継承しつつ、解像感、サウンドレンジを向上
音質面では従来モデルよりも遥かにダイナミックレンジが向上し、音数の多い複雑な音源であっても、それぞれの音をより鮮明に聴き取ることが容易になりました。オーケストラのトラックを聴いた時は、特にその凄さがよりリアルに伝わるはずです。
Signal MKIIのサウンドチューニングについて、低音域は従来モデルであるSignalを継承しており、これまで通りパンチの効いた低音が楽しめます。高音域は新しく作りだした合金導体の音響特性が向上したことで、格段にサウンドレンジが改善しています。

◆ユニークさと美意識、そして機能性をも追求した、ライトグレーカラーの導体被覆
従来までの退屈な黒い外観からは卒業し、「ユニークさ」と「高級感」を兼ね備えた「ライトグレーカラー」の導体被覆を開発しました。
この導体被覆の表面加工については、敢えてコントラストを強くし過ぎない工夫を施しています。多くのイヤホンと組み合わせやすい、スタイリッシュでユニークなアップグレードケーブルを完成させました。

◆ハンドメイドによるスモールバッチ生産
熟練した職人の手によりケーブルを製造しており、半田付けでは、異なる半田素材による溶解温度を素材ごとに調整し、半田付けによる酸化リスクを防止しています。接合部は顕微鏡で確認し、細心の注意を払っています。

「ビートオーディオ」

★Beat Audioが掲げている企業理念「Purity is not everything Music is everything.(純度がすべてではない。音楽がすべて。)」には、「ケーブルの品質を導体の純度だけで評価してはいけない。そのケーブルによって奏でられる音楽によって評価されるべき。」という、強いメッセージが込められています。
Beat Audioのラボには、試作したケーブルを評価する為のスタジオが併設されており、すべては「音楽のため」というモットーを大切に、新しい作品を作り続けています。


■ 仕 様 ■
[BEA7438]

ビートオーディオ


(※この説明文は楽天市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。) オーディオ>AVケーブル・AVアクセサリー・AVラック>AV接続ケーブル>音声ケーブル>ヘッドホン/イヤホン用リケーブル

ログアウト
メニュー

新しい到着 BEA-7438 ビートオーディオ イヤホン用リケーブル(1.2m)【MMCX⇔4.4mm 5極端子】 Beat Audio "Signal MKII 8-Wire"

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

新しい到着 BEA-7438 ビートオーディオ イヤホン用リケーブル(1.2m)【MMCX⇔4.4mm 5極端子】 Beat Audio "Signal MKII 8-Wire"

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報